水素水の情報満載!知ってお得な水素水サーバーの全て

効果の高い水素水は?水素水サーバー完全ガイド

水素水サーバーの選び方や人気商品、基礎知識、効果などをたっぷり紹介!
毎日の生活に水素水をうまく取り入れて、いつまでもいきいきとした体を目指しましょう。

このガイドで水素水サーバーのすべてがまるわかり!

HOME » 水素水サーバーの基礎知識 » 種類

種類

給水の種類で選ぶ水素水サーバー

水素水サーバーの種類は給水方式によって3つに分けることができます。

水道直結タイプ

水道水を蛇口から直接サーバーの中に引き込むタイプです。

水道水はフィルターによって自動的にろ過されて浄水になり、そこから水素水へと生成されていきます。

導入時に水道工事が必要となりますが、1度設置してしまえばあとは水道水から大量に水素水を作ることができて便利です。

また、水道直結タイプの中には工事不要で水道蛇口にサーバーを取り付けるものもあり、こちらは手軽に導入できるのがメリットです。

ボトルタイプ

購入した水素水の入ったボトルを交換して使うサーバーです。

すでに浄水済みで水素の添加された水素水を設置するだけで飲むことできます。

しかし、大きなボトルを交換するのが大変だったり、置き場所に困ったり、専門業者に毎回来てもらうなどの手間も発生するのがこのタイプ。

水素水を購入することになるので手間もかかります。

コスパを押さえたいのなら、ボトルタイプでもボトルに水道水を注ぐ仕様のものがおすすめ。

工事不要で蛇口のないところにも設置可能なのが強みです。

ピッチャータイプ

テーブルやキッチンなど卓上に置ける水素水サーバーで、大きさはポットほどの場合がほとんどです。

比較的に低価格ですが1度に生成できる水素水の量は限られているため飲み水として楽しむ場合などには便利です。

持ち運びできてどこにでも置けるのがポイント

水素の発生原理で選ぶサーバー

水素水サーバーで水素を発生させる方法には3つの種類があります。

電極非接触タイプ

電極非接触タイプの水素水サーバーは飲み水と電極のある部位が分けられています。

このタイプは飲み水の水質を変化させることなく水素水を発生させることができ、高濃度の水素水を短時間で作ることができます。

電気分解タイプ

電気分解タイプは飲み水を直接電気分解することで水素を発生させます。

水素水を生成する際に水質がアルカリ性に変わるのが特徴で、水素水の濃度は電極非接触タイプよりも低くなります。

化学反応タイプ

水とマグネシウムの入ったスティックやパックを反応させて水素を発生させるタイプです。

十分な濃度になるまで時間がかかるため、大量の水素水を生成するのには向きません。

ページの先頭へ